CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
お問い合わせ・ご注文
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ウルフトゥースから、コラムスペーサー出ました!
    小島一朗 (01/18)
  • シクロ用フロントシングル チェーンリング発売!
    店主 (01/03)
  • シクロ用フロントシングル チェーンリング発売!
    のんびり走りたい (12/31)
  • ウルフトゥースのボトル/アクセサリ増設システム B-RAD
    店主 (09/22)
  • ウルフトゥースのボトル/アクセサリ増設システム B-RAD
    ななし (09/21)
  • ウルフトゥースのボトル/アクセサリ増設システム B-RAD
    ななし (09/21)
  • ウルフトゥースより楕円CXリング登場!
    店主 (07/31)
  • ウルフトゥースより楕円CXリング登場!
    シェイク (07/30)
  • シマノ11スピード用49t ジャイアントコグ出ました!
    Kouji (10/03)
  • チューブレス・パンク修理キット サムライスォード!
    ロング (10/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
特定商取引法に基づく表記
バナーお使いください!
ブログ村ランキング
MOBILE
qrcode
OTHERS

Alternative Bicycles

           (オルタナティブ バイシクルズ)

         =メローでクールな自転車パーツショップ=
<< 29erSSライダーズミーティング開催!! | main | モンゴル マウンテンバイク旅行記2 >>
モンゴル・マウンテンバイク旅行記1


行ってきましたモンゴル!自然公園内を走り、遊牧民の人たちのゲル(テント)を泊まり歩く旅です。

昨日帰国したのですが、あまりに楽しかったので、呆けています。でも、頑張って早速レポートします!

出発したのは9月5日。バイクをソフトケースにしまい、妻の運転する車に積み込む。そこで早くもやってしまった!工具袋に六角レンチがないことを確認しながら、なぜかボケててそのまま工具袋をバイクケースに入れてしまった!

このことに気付いたのが、成田空港までの電車の中。オーマイガーどうしよう!

幸い3時間前に空港に着いたので、チェックイン後に、成田の市街地のホームセンターまでタクシーで高速を飛ばすことに。

なんとタクシー代が8000円!とほほ。。

で、六角セットは290円!


(タクシー内)

はー、出発前からあわただしくて疲れちゃった。。みなさん、出かけるときは忘れずに!



で、なんとか間に合って、ラウンジでビール。今回はPaagoワークスのパスハンターという小さめのキャリーバッグを持参。これがパスポートとかこまごましたものを入れるのに本当に重宝でした。あと読書用のKindleも。

韓国のソウルで飛行機を乗り換えて、モンゴルのウランバートルに着いたのは日本時間で12時過ぎ。現地時間で11時。ねむー。さむー。

予約していたゲストハウスに向かう。

部屋で早速組立。うん、特に輸送中の故障もないし、OK!



翌朝、早速、ツアー会社へ出発!


(ゲストハウスの前で一枚)

街を走っていると、なんとフェアトレードショップの看板を発見!



ツアー会社の事務所でモンゴル語のレッスンや、文化の勉強を2時間くらい受けて、車にバイクを載せて、さあ出発!

今回走るテレルジ国立公園までは2時間くらい。70kmくらいだ。

首都のウランバートルを離れると、ナイスな景色に。



テレルジの玄関となる町で僕を牛車が待っていた。(笑)



一泊目のゲルまでは、川を渡らないといけないので、牛車に載せる。



こんな感じで川渡り。



こんな遊牧民のゲルに泊まります。最近の遊牧民はハイテクでソーラーパネルなんかも使ってて面白いです。


左端には洗濯機見えますね。笑



パラボラアンテナで、僕が泊まったほぼすべてのゲルにテレビがあって衛星放送見ていました。うーん、びっくり!



乳製品作りとか見る。左の女子は今回のガイド、と言うか、実際は通訳ですね。ウランバートル在住のビャンバちゃん19歳。

ガイドは現地の人がやってくれました。

ゲルの回りを少しサイクリング。そうすると、ツアー会社の事務所で一緒だったオランダ人3人組と合流し、同宿することに。



夕方みんなで牧草の刈取りの手伝いに。ここから3勸摸イ譴燭箸海蹐刈取り場。冬はそこに住むという。

遊牧民と言うと、年がら年中草を求めて何百キロも移動するのかと思っていたが、そうではなく、ただ数キロのこともあるだと知ってびっくり。夏の間に、あちらで牧草を刈取り、ためておいて、冬になったらあちらに移動するのだ。

鎌の使い方とかなかなか難しかったです。

翌日は、25劼曚瀕イ譴燭寺にサイクリング。現地ガイドと通訳のビャンバは馬で。例のオランダ人は他の村へ。



馬の道はシングルトラックが多くて、すごく楽しかった。途中、激しい上りや下りもあり。



峠の頂上で休憩。ガイドのチュッカさん。



帰りに町で買ったビールを飲む!往復50劼離フロードだったので、なかなか疲れたっす。

ゲル(テント)の中はこんな感じ。





猫とかもいる。

この夜、今度はイギリス人の若い野郎連れ2人がゲルで同宿することになった。

翌日は、そのイギリス人の二人も一緒に25劼曚瀕イ譴織殴襪悵榮亜



みんなは牛車で、僕はバイクなのだが、ここでトラブル発生!牛車はかなり遅く、調子に乗って写真撮りながら走っていたら、はぐれてしまった!

昨夜泊まったゲルに戻り、道を聞くが、言葉も通じないし、どうしようー。

走り出すが、焦るばかりで見つからない。。

と、遠くでピューっていう、口笛が!

僕を見つけたイギリス人の一人が口笛で知らせてくれたのだ!!

あー、助かったー。ほんと、焦った。僕以上に焦ったのがビャンバで、彼女はインターンで、今回が初めての仕事だったので、僕が迷子になったら大変なことになったのだ。

でもまあ、合流して、よかったよかった。



気を取り直して楽しくライド!





こんなして、牛車と付かず離れずして次のゲルまでいきました。

まだ旅は続く。。。





| トレイルツアー | 17:05 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
アーレンキーは機内持ち込み出来るんですね。しかし楽しそうだ。
| ヘァピィバイク太郎 | 2012/09/17 9:23 PM |
ハァピィさん

いえ!アーレンキーは持ち込み不可で、機長預かりでした。SSWCの時は、ペダルスパナを間違えて手荷物に入れて、泣く泣く廃棄させられたことがあります。。。

でもモンゴル、ほんと、めちゃくちゃ楽しかったです!
| 店主 | 2012/09/17 9:34 PM |
ゲルに猫が居るのは珍しいデスね。
モンゴルでは悪魔の化身として扱われてるので。
近くにいると心臓病にイイという人もいるので、そのせいかなぁ。

ウチにも去年までモンゴルから連れてきた猫がいたのですが、亡くなってしまい、この春にウランバートルに散骨してあげました。
モンゴル猫が懐かしい。
| 元モンゴル隊員 | 2012/09/18 8:03 AM |
そうですか!?泊まった4つのゲルのうち、2つに猫がいました。まあ、ある程度「観光慣れした」家族だったからかもしれませんが。。

モンゴル猫を日本に連れてってあげたのですね。草原で安らかに眠っていることと思います。
| 店主 | 2012/09/18 9:40 AM |









http://altbikes.jugem.jp/trackback/823